忍者ブログ

<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

川上弘美の代表作は、

「センセイの鞄」
「蛇を踏む」
「いとしい」

等々、です。

川上弘美の小説で好きなところは、
いつも主人公がぽかんとしていることです。

焦ったり、憤ったり、悲しんだり、怒ったり、
それもあるのですが、基本はぽかんとしている。
そのことになんだかほっとして救われます。

ゆるーい雰囲気の作品が多いのですが、
それだけではない、何かが、
川上弘美の作品にはあります。

キザなことばや訓戒のようなことは、
文章中に絶対出てこないけれど、
読み手は何かを感じることができる。

そしてそれは、

読者ごとに違うことであるような気がします。
それが川上弘美のすごいところだと思うのです。

川上弘美の作品の中で、
「ニシノユキヒコの恋と冒険」
という小説が好きです。

ニシノユキヒコという一人の男性は恋多き男で、
何人もの女性と親しくなります。

これだけ書くとただの女たらしの話みたいで、
まあ実際もそうなのですが、
やっぱりただそれだけでないのです。
妙な説得力があります。

彼と関係したそれぞれの女性が、
ニシノユキヒコとの思い出を語っていくのですが、
それを読んでいると、恋愛なんて、
たいしたことないものなんだ、
といい意味で思うことができます。

すごく辛くて苦しい恋をしている人に、
ぜひ読んでもらいたい作品です。

そんな恋も笑いとばせるくらいの気持ちに
なれるんじゃないかと思います。

川上弘美の作品は淡々としているけど、
内から湧いてくる謎のパワーのようなものがあります。

人生をもっと楽しんでみようかな、
と肩の力を抜くことができるのです。

PR

Script:Ninja Blog  Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]